経営理念

『共生の理念』
「共生」とは、全ての生命が共に生き、繁栄してゆく事です。生命の連鎖を認識し、 自然環境と人間活動との共生を図る、「環境共生型社会の創造」が求められています。
私達は、人々の幸福と繁栄のために共生の理念を保ち社会に貢献して行きます。 企業としての責任を全うするため、持続的成長と発展を目指し、広い視野に立っ たところから、利益を考え、循環型社会の構築に向けて努力して行きます。
共生の理念を保ち、実践するため、私達は善良な市民として、関連する法令・規制を遵守し、マネジメントシステムを構築し、方針を掲げ継続的改善を実行して行くことを誓います。

1. 環境保証
環境保証とは環境負荷低減、及び環境保全の推進をシステムで担保する事です。環境保証を 達成するため、以下の目標を掲げます。
・高耐久性能を有するレディーミクストコンクリートを供給し、構造物の長期耐久力を伸ばす 事により製品、及び原材料に関わる天然資源使用、炭酸ガス発生、エネルギーの使用等による環境負荷の低減を目指します。
・ユーザーに対し、コンクリート工事における最適なソリューションを提供し、円滑な納入打設を目指します。
・運輸安全マネジメントシステム運用により、交通安全、省燃費運行を実行します。
以上により環境負荷の低減及び、労働安全衛生環境の改善を目指します
企業活動において生ずる廃棄物発生、炭酸ガス発生、エネルギー消費等による、環境負荷の の低減を計り、協力会社をはじめ関係者に環境保全の大切さを啓蒙し、少しでも「共生の理念」を世界に広め、人類の健康と安全、そして自然を守ることを目指します。

2. 顧客満足
「共生の理念」の実践を果たすためには、企業としてのこの理念に基づく持続的成長と発展が不可欠です。 このためには、顧客、協力会社、及び地域社会との強い信頼関係を築き、発展させていく事が必要です。
・我々は、顧客のニーズを的確に捉え、分析し、施工性能と耐久性能を兼ね備えた製品を開発、提案・納入します。
・建設コストと共に、ライフサイクルコストの低減を目指し、顧客施工者からエンドユーザーまで、最大限の満足を引き出すべく継続的改善を続けます。
上記方針に基づき、その達成のために具体的な目標を各部門へ展開し、全員参加で 協調した取組みを行い、それらの進捗を定期的に評価、管理します。
マネジメントシステムの維持、管理の責任の権限をIQCに付与します。IQCは自己の管理下において、マネジメントシステムの維持、運用に関する権限を、各部門における品質管理委員(課長)に委譲する事が出来ます。IQCはマネジメントシステムの運用状況を常に監視し、トップマネジメント(社長)に報告します。社長はこれらのいかなる結果についても全責任を負います。

マネジメントシステムの運用により効果を最大限にするためには、関係する全ての者の 100%参加が求められます。会社を構成する全ての者は、品質管理委員会、研修会などを 通して、方針、目標及び実施手順の徹底を図ります。全員参加で誓いの実現を目指します。


2010年1月1日
株式会社東伸コーポレーション

image42

Facebook page

東伸かばおのFacebook page

contact

話題をチェック

  1. 東伸コーポレーションの日常あれこれを、Facebookで配信しています。 弊社ペットの東伸かば…
  2. 生コン屋は打設したらさようなら。という時代は終わりました。 GNN会員企業、(有)長岡生コ…
  3. 金属表面に強固なコーティング皮膜を形成し、コンクリートの付着を防ぎます。 アジテータ車のドラム…

アーカイブ

ページ上部へ戻る