製品品質

高耐久性コンクリート

単位水量を抑えつつ、いかに施工性を確保するか

image10

コンクリートの耐久性能は生コンの調合における単位水量を抑える事によって確保する事ができます。
その量は一般的に175kg/m3以下を確保する事によってコンクリートの寿命を100年以上とする事ができるとの事です。当社では合理的な品質目標と、厳重な品質管理、そして、最高品質の骨材を使用する事により、相当厳しいリクエストにもお応えする事ができます。これから先も、当社ではお客様に対してコンクリート工事における最適なソリューションを提供するべく、製品開発を続けていく所存です。コンクリートに関する問題は、どの様な事でもまずはご相談下さい。最適な解決策を提供できます。


実例1(驚きの低単位水量と高流動性の両立)
弊社東伸コーポレーションは30数名の小さな会社ですが、日々製品開発、検証をおこたりません。
その技術力をわかりやすくお伝えできる一つの例をあげましょう。
常識を覆す低単位水量の高流動生コンクリートの実証実験です。
その驚きの実験結果をご覧ください。


フロー60×60流動性
分離抵抗性も抜群で
す!

ウェットクリーニン
グを施し、ケット科
学研究所製単位水量
測定器に…

測定機にかけ1分弱
待ちます…

この流動性を持って
単位水量160kg/m³
施術も耐久性も兼ね
備えた高品質生コン
です。

Facebook page

東伸かばおのFacebook page

contact

話題をチェック

  1. 東伸コーポレーションの日常あれこれを、Facebookで配信しています。 弊社ペットの東伸かば…
  2. 生コン屋は打設したらさようなら。という時代は終わりました。 GNN会員企業、(有)長岡生コ…
  3. 金属表面に強固なコーティング皮膜を形成し、コンクリートの付着を防ぎます。 アジテータ車のドラム…

アーカイブ

ページ上部へ戻る